Rhino+


スクリプトファイルのインストール方法

ダウンロードしたtextファイルをライノセラスで使うスクリプトファイルに変換しインストールする方法です。
「コマンド入力方法」「ボタン入力方法」を下記に記述します。

top pageコマンド入力方法:rvb版コマンド入力方法:rhp版ボタン入力方法:rvb版ボタン入力方法:rhp版

コマンド入力方法:rhp版
 
Monkey script editorを利用してrvbファイルからrhpファイルを作成します。

「ヒント」
rvbファイルはテキストエディタなどを利用して編集することも可能です。
作成したrhpファイルを管理したいフォルダに移動します。

「ヒント」
Rhinoceros 4.0>Plug-insフォルダの中に「Rhino_plus_rhp」フォルダを作成し①のrhpファイルを「Rhino_plus_rhp」フォルダに入れるとデフォルトプラグインとの区別ができ便利です。(元のデフォルトプラグインはバックアップ保存しておくことをお勧め致します)
(例)Program Files>Rhinoceros 4.0>Plug-ins>Rhino_plus_rhp
ライノセラスを起動しツール>オプションからRhinoオプションを起動します。
Rhinoオプション>プラグインに移動しインストールボタンにて②フォルダから.rhpファイルをインストールします。